アットベリーの効果ってどう?黒ずみブツブツに効果実感までの期間は?

アットベリーの効果 アットベリー

ワキの黒ずみが気になってノースリーブが着れない

二の腕のブツブツが気になる

などのお肌トラブル、なかなか良い対策法がみつからず困っていませんか?

そんな時にオススメなのが薬用アットベリー

有名脱毛サロンでも使われている黒ずみケア用ジェル(医薬部外品)です。

当ページでは、薬用アットベリー効果をチェック。
良い効果だけではなく、「アットベリーを使ったけど効果なし?!」という方の共通点などもまとめています。

 

薬用アットベリーを使ってみようかどうか迷っている方の参考にどうぞ!

 

薬用アットベリーの効果は?

薬用アットベリーの効能・効果

薬用アットベリーのパッケージに記載されている「効能・効果」は次のとおりです。↓

薬用アットベリーの効能・効果

  • 皮膚にうるおいを与える
  • 皮膚の乾燥を防ぐ
  • メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ
  • 皮膚を保護する
  • 皮膚をすこやかに保つ
  • 肌あれ、あれ性、あせも、しおやけ、ひび、あかぎれ、にきびを防ぐ
  • 油性肌・かみそりまけを防ぐ
  • 日やけ、雪やけ後のほてりを防ぐ
  • 肌をひきしめる
  • 肌を清浄にする
  • 肌を整える

 

このような効果は、アットベリーの成分とアットベリーが独自に採用しているトリプルサンド方式によって実現しています。

 

アットベリーに配合されている美容成分については、別ページに詳しくまとめてあります。

⇒アットベリーの成分|黒ずみ&ブツブツ+ニオイケアまでできる理由

ここでは、トリプルサンド方式についてチェックしてきましょう。

 

アットベリーのトリプルサンド方式って?

黒ずみができる原因は、皮膚の消耗乾燥にあります。

こうした原因からお肌を守り、コンディションを整えることが美肌を保つのに不可欠です。

 

アットベリーは、お肌の内側+外側+表面3層それぞれにアプローチ。

トリプルサンド方式で、しっかり潤いをキープしてくれます。

では、それぞれの“層”についてチェックしてみましょう。

1.角質内部にナノ化した美容成分を浸透

薬用アットベリーはナノ化した成分を角質層まで浸透させますいくら黒ずみやブツブツに良い成分だったとしても、お肌の角質層に浸透しなければ、効果が発揮できません。

そこでアットベリーは、浸透性コラーゲン・オリゴヒアルロン酸などの美容成分をナノ化。

お肌の内部(角質層まで)ぐんぐん浸透させています。

2.肌表面に保湿成分を留める

アットベリーは、肌表面に保湿成分を留めます。肌表面のうるおいをキープするために、あえて大きな粒のままの高分子ヒアルロン酸を配合。

肌表面に留まって、外側からも潤いを与えます。

肌の内部にはナノ化された美容成分、表面には大きな分子のヒアルロン酸で集中ケアします。

3.保湿力ベールで保湿成分を逃さない

アットベリーは保湿力ベールで保湿成分を逃さない肌内部&表面のうるおいを乾燥によって蒸発させてしまうのはもったいない!

高品質のセラミドやエラスチンの保湿力ベールでうるおいを逃しません。

また保護バリアの役割もするので、外部刺激からお肌を守ります。

このトリプルサンド方式は、アットベリーにしかできない独自のケア方式なんですよ。

\\↓公式キャンペーンサイトはこちら↓//ワキや二の腕などには黒ずみ専用クリーム!【薬用アットベリー】

 

アットベリーにはニオイケア効果も

アットベリーは、ワキの黒ずみやブツブツをケアしながら、ニオイケアも同時にできます。
抗菌効果のある桑エキスが雑菌の繁殖を防ぐほか、肌のターンオーバーを促す天然ビタミンも配合されています。

特に、夏の汗ばむ季節には助かりますね☆

 

アットベリー体のどこに使っていいの?

結論!薬用アットベリーは全身に使用可能です♪

アットベリーは、脇、ひざ、ひじ、二の腕、お尻、Vラインなどの黒ずみ、ブツブツ対策に使えます。

顔にも使えるので、目元や小鼻、年齢の出やすい首筋の保湿などにもいいですね。

ただし!粘膜部分は避けてお使いください。

 

アットベリーの効果を実感できる期間は?

アットベリー効果が出るまでの期間

アットベリーを使い始めたら、どのくらいの期間効果が実感できるのでしょうか?

とっても気になりますよね。

ただ残念ながら、○○日で黒ずみが消えた!とか、○○ヶ月の期間で効果が出た!と断言することはできないのです。

そもそもの黒ずみやブツブツの状態⇒なりたい色のイメージって、人によって違いますよね。

お肌のターンオーバーだって年齢や個人差があります。

だから「効果が実感できる期間」を断定的には言えないのですが、実際にアットベリーを使った方たちの口コミは参考にできます。
アットベリーを使用した方の口コミをみてみましょう。

アットベリーの口コミ|効果を実感した期間を教えて!

アットベリーを使っていて最初に効いたのが、目元の解消。くまで使い始めたわけではなかったのですが、1ヶ月ほど経った時に、きれいになっていることに気付きました。目元のクマは乾燥が原因だと聞いたことがあります。おそらくアットベリーで水分が補給されたために、クマが気にならなくなったのだと思います。顔全体がモチモチとした肌になり、とても満足しています。
引用:https://menina-joue.jp/lp/atberry/a8/?ad_code=001a8pc

アットベリーの良い点は、どこに塗ってもすぐに浸透すること。私は二の腕の黒ずみに使っていますが、体の他の部分にも使いやすいと思いますよ。肝心の効果については少し薄くなったような気がする、という程度。まだ2ヶ月くらいしか使ってないので、確実なところは分かりませんが。でも効き目がありそうな感じはします。
引用:https://menina-joue.jp/lp/atberry/a8/?ad_code=001a8pc

30代も後半になると多少の黒ずみも「仕方ないか」「もういいわ」という気になってくるものです。誰が見るわけでもないし、とか思ったりして(笑)。でも同年代の友人に、そんなんじゃダメ!と言われて、少し思い直してアットベリーを塗り始めたんです。3ヶ月ほどで、気になっていた二の腕が気にならなくなったのが実感したら、やはり嬉しかったですね。まだまだ女を捨てちゃダメですね(笑)。
引用:https://menina-joue.jp/lp/atberry/a8/?ad_code=001a8pc

他の口コミもチェックしましたが、“うるおい”に関しては、使い始めて早い期間で感じる方もいました。

黒ずみやブツブツへの具体的な効果については、“日単位”というより、“月単位”の期間をかけて実感する方が多いようです。

黒ずみやブツブツに限らず、キレイなお肌を目指すには、継続ケアが大切ですね!

\\↓公式キャンペーンサイトはこちら↓//ワキや二の腕などには黒ずみ専用クリーム!【薬用アットベリー】

 

アットベリーは効果なし…という方の共通点

残念ながら、「アットベリーを使っても効果なし」という方もいます。

大手口コミサイト@cosmeアットコスメをチェックしてみると…↓

アットベリーアットコスメでの評価

(出典:アットコスメ薬用アットベリーの口コミ

☆7中☆2以下をつけた方は13名いました。
全口コミ数430件ですから、約3%の方が低評価であったとも言えます。

 

「アットベリーは効果なし」という方の口コミの中には

  • 短い期間しか使っていない
  • 正しい使い方をしていない

といった共通点がありました。

まずは、正しい使い方+継続ケアをしてみることが効果を実感するポイントですね。

 

アットベリーに副作用はない?

薬用アットベリーには、

  • メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ
  • 肌あれ、あれ性、あせも、しおやけ、ひび、あかぎれ、にきびを防ぐ

などの効果があります。

 

効果があるのは嬉しいですが、副作用などはないのでしょうか?

チェックしてみましょう。

 

薬用アットベリーは医薬部外品です。

医薬部外品は、「医薬品」ではないけれど、「医薬品に準ずる」という位置づけ。

“作用が緩和で副作用の発生が極めて低いもの”とされています。

(参照:一般社団法人滋賀県薬事協会

つまり、医薬品ほど効果は強くないかわりに副作用のリスクも低い、ということですね。

アットベリーは、品質・安全管理が徹底されている日本国内の工場で作られています。

また、無添加刺激処方で敏感肌の方にも使える優しい薬用ジェルとなっています。

ただし、万一合わない、トラブルが出た、という場合にはすぐに使用を中止、皮膚科専門医にご相談くださいね。

 

アットベリー効果のまとめ

肌の黒ずみ・ブツブツケアとして、全身に使用できるアットベリー。

ナノ化された美容成分は角質層まで浸透、高分子ヒアルロン酸が肌表面にうるおいを与えてくれる効果があります。

継続ケアで、視線なんて気にならないスベスベ肌を目指したいですね。

【薬用アットベリー通販サイト価格比較】で最安値チェック

 

\\↓公式キャンペーンサイトはこちら↓//ワキや二の腕などには黒ずみ専用クリーム!【薬用アットベリー】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました