イビサクリームの成分からわかる効果|黒ずみくすみに効くメカニズム

イビサクリームの成分からわかる効果 イビサクリーム

デリケートゾーンやバストトップ、脇、ひざ、ひじの黒ずみ、くすみ対策用として人気の薬用イビサクリーム。

こちらのページでは、イビサクリーム成分についてまとめています。

皮膚が薄くて繊細なデリケートゾーンにも使えるイビサクリーム。

どんな成分が、どんな効果をもたらすのかチェックしていきましょう。

 

イビサクリームの有効成分

イビサクリームの有効成分

イビサクリームは、厚生労働省により、「美白」(※)作用が認められた有効成分を含む医薬部外品です。

(※メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ)

医薬部外品には、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されています。

 

効果・効能のイメージとしては、

医薬品>医薬部外品(薬用化粧品)>化粧品

という感じですね。

 

効果・効能が認められたWの有効成分で気になる黒ずみ・くすみにアプローチ!

イビサクリームの有効成分1:トラネキサム酸

トラネキサム酸とは、アミノ酸の一種で、抗炎症作用や美白作用があります。

肝斑対策として有名な「トランシーノ」や、資生堂の「HAKU」などにも配合されている成分ですね。

トラネキサム酸にどのような効果があるのか、黒ずみができるメカニズムと一緒にチェックしていきましょう。

黒ずみ・くすみの原因となるメラニン。

お肌は外部刺激を受けると、刺激から守るためにメラニンを作り出します。

黒ずみの原因はメラニン

トラネキサム酸には、「メラニン色素を作りなさい!」とメラノサイト(色素細胞)を活性化される情報伝達物質「プラスミン」の働きを抑制してくれます。

 

簡単に言うと、メラニン作って~、という司令をトラネキサム酸がブロック。

メラニン色素が生産されないので、黒ずみ・シミができにくい。

というメカニズムなんですね。

 

(参考サイト:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/transino-2/component/shimi/

イビサクリームの有効成分2:グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)には、抗炎症作用があります。

炎症に効果を発揮しますので、ニキビケア化粧品などに使用されていますね。

効果としては、「肌荒れを防止し、お肌を整える」働きがあります。

イビサクリームの美白サポート成分&美容成分

美白サポート成分

  • 党参抽出物加水分解液
  • カモミラエキス
  • アルピニアカツマダイ種子エキス

美容成分カプセル

  • サクラ葉抽出液
  • ウメ果実エキス
  • 大豆エキス

8種類のうるおい成分

8種類のうるおい成分で、触りたくなるしっとりなめらか肌に。

ステアロイルフィトスフィンゴシン、天然ビタミンE、乳酸ナトリウム液、ローズ水、水添大豆リン脂質、グリセリン、1,2-ペンタンジオール、BG

刺激フリーの無添加処方

デリケートな部分に使うから、イビサクリームは5つの無添加

合成香料、着色料、鉱物油、アルコール。パラベンは配合していません。

赤ちゃんでも使えるやさしいクリームです。

イビサクリーム全成分

<有効成分>トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム
<その他の成分>BG、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ポリアクリルアミド、メチルフェニルポリシロキサン、軽質流動イソパラフィン、POE(7)ラウリルエーテル、党参抽出物加水分解液、油溶性甘草エキス(2)、ローズ水、ウメ果実エキス、大豆エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、アルピニアカツマダイ種子エキス、サクラ葉抽出液、カモミラエキス-1、水添大豆リン脂質、オウゴンエキス、乳酸Na液、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、フェノキシエタノール
引用:イサビクリーム公式サイト

 

イビサクリームの成分まとめ

 

イビサクリームは、2種類の有効成分トラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウム、他、美白サポート成分、美容成分、うるおい成分なども配合。

 

継続ケアすることで、黒ずみ・くすみにアプローチ。

デリケートなお肌を整えていきます。

\\↓公式キャンペーンサイトはこちら↓//

コメント

タイトルとURLをコピーしました